top of page

『ゲイシャ コーヒー』とは?

更新日:2023年1月29日



コーヒーが好きな方なら一度は聞いたことのあるゲイシャコーヒー

2014年に『スターバックス』が一杯約2,000円で販売したニュースを覚えている方も多いかもしれません。

当ロースタリーでも一番人気のあるコーヒー豆です。

今回は改めてこの『ゲイシャコーヒー』をクローズアップします。


では、他のコーヒーとどこが違うのでしょうか?


❶栽培が難しく収穫量が少ない

ゲイシャの起源はもともとはエチオピアです。

品種改良で生まれたコーヒー豆ではなく、エチオピアで自生していたものが発見されたのが始まりです。当時からその類い稀な美味しさは知られていました。

ですが、病気にかかりやすい品種であったことや、収穫量が他のコーヒー豆に比べて少ないことから、商売としての効率が悪く、生産する農園も少なくなり次第に忘れ去られていった品種です。


ちなみにコーヒー豆発祥の地はエチオピアです。生産量の多いブラジルや中米、南米が注目されますが、コーヒーの文化はエチオピアから始まり、世界各国に広がり、みなさんの手元に届くようになったのです。


❷ゲイシャショック

ゲイシャが注目された1番の理由は「ゲイシャショック」です。

2004年にパナマで開催された「ベスト・オブ・パナマ」というコーヒーの国際品評会でパナマの『エスメラルダ農園』が出品したゲイシャコーヒーが史上最高値で落札され、その名が世界中に知られるようになりました。

その、他のコーヒーでは味わえない個性的なテイストとフローラルな香りは瞬く間に世界中のニュースとなりました。

現在でもこのエスメラルダ農園のゲイシャは非常に高額で取引されています。


❸フローラルな香りとテイスト

ゲイシャコーヒーの味はさまざまな言葉で表現されてきました。

個人的に焙煎士として表現するならゲイシャコーヒーは『花のように華のあるコーヒー』だと思います。一般的なコーヒーのように重厚なコクを楽しむというイメージではなく、コーヒーとは思えない程の艶やかな花のような香り、またテイストは華やかで最初の一口目を飲んだ時の驚きは今でも覚えています。まったくの別物といった印象です。

コーヒーがあまり得意でない方にも一度試して頂きたいコーヒーとも言えます。

※香りを味わうのにおすすめの倍鮮度は中煎りです。

❹エチオピアのゲイシャ

前述した通り、ゲイシャの起源はもともとエチオピアにあります。

エチオピアのゲシャ村で発見された事が名前の由来となっています。


ゲイシャの生豆は他のコーヒー豆に比べて長細いのが特徴です。また、ナチュラル精製の生豆は独特な香りを放っています。生豆からここまで香りがするのは他の豆にはないもう一つの特徴と言えます。

生豆を見て何の豆かを当てるのは通常難しい場合もありますが、ゲイシャに関してはすぐにわかると言った具合です。

※ナチュラル精製とは収穫したコーヒーチェリーを果実のまま乾燥させる方法。




当ロースタリーで販売しているゲイシャはこのエチオピア産のゲイシャです。

香り高いナチュラル精製をご用意しています。

一度は味わって頂きたいおすすめのコーヒーで、プレゼントにも喜ばれると思います。


ではでは、素敵なコーヒータイムを!



カモメロースタリ東京のコーヒー豆は、オーダーを受けてから焙煎し、出荷しています。

手間はかかりますが、焙煎士として生産者が手間暇かけて作り上げたコーヒー豆の、『本来のテイストと香り』をお届けすることにこだわっています。



ドリッパーを持っていない方へのプレゼントには『コーヒーバッグ』がおすすめです。

カップにバックを入れ、お湯をかけるでけで楽しめます。

もちろんこちらもオーダーを受けてから焙煎士が丁寧に焙煎し、パックします。


閲覧数:188回0件のコメント

Comments


bottom of page