焙煎したてのコーヒー豆で充実したコーヒー時間を

カモメロースタリ東京は焙煎コーヒーの専門店です。
コーヒーを通して、「リラックスした時間を過ごしていただく」ことをコンセプトにしています。
慌ただしい毎日にまるでリゾートにいるかのようなひと時を。
コーヒーの文化は知れば知るほど奥深く、いつもの生活をさらに充実したものにしてくれます。
親しい人と、もちろん一人の時間も、その傍らにいつもコーヒーを。

STORY

「カモメロースタリ東京」の始まりは
直火式の手回し焙煎機から始め、遠赤外線式、現在では熱風式のイギリス製焙煎機を使用しています。
イギリス製の焙煎機を使用しているのは100gなど少量焙煎が可能なところにあります。
これにより受注後に焙煎度を変え、日本全国に煎りたてのコーヒー豆を提供しています。

当ロースタリーが「焙煎したて」にこだわるのは
農園や生産者が作り上げたコーヒー豆が、本来持っている味と香りをお届けするためです。
焙煎士の最大の目的は本物のコーヒーを味わっていただくことにあります。

カモメロースタリ東京の生豆の写真

生豆(なままめ)

世界有数のコーヒー産地から

グレードの高い生豆を仕入れています。

焙煎前に欠点豆のハンドピックを行い

丁寧に焙煎しています。

スペシャルティコーヒーや

国別のストレートコーヒー、

単一農園のシングルオリジンなど

扱うコーヒー豆は基本的に

ブレンドをしません。

これは各コーヒーのキャラクターを

お楽しみいただく為です。

最近のコーヒー生豆は品質も高く

各産地の特徴を味わって

飲み比べて頂くことが、

コーヒーの楽しみ方の

​一つだと思います。

 

カモメロースタリ東京の焙煎コーヒー豆の写真

焙煎豆

安定してムラの少ない熱風焙煎機採用。

焙煎時にコーヒー豆は

シルバースキン(チャフ)

と呼ばれる皮が剥がれます。

熱風焙煎はこのチャフを

熱風で吹きとばし、分離しながら

焙煎しますので、

チャフが燃えて焦げた香りが

コーヒー豆につくのを抑えています。

コーヒー豆本来の芳醇な香りを

​お楽しみください。

コーヒー豆は焙煎直後よりも

2〜3日程度時間をおいた方が

コーヒー本来の香り、

味が発揮されます。

パッケージには焙煎日を

明記致しますので、

お手元に届きましたら開封前に

飲み頃をご確認ください。

カモメロースタリ東京の焙煎コーヒ豆のエスプレッソ用写真

豆 or 粉

コーヒー豆は『豆のまま』と『粉』の

いずれかをお選び頂けます。

コーヒーミルやコーヒーグラインダーをお持ちでしたら、『豆のまま』を

おすすめいたします。

これはコーヒー豆から粉にした時の

香りをお楽しみ頂きたいことと、

コーヒーが酸素に触れる面積を減らし、酸化による劣化を少しでも

遅らせたい為です。

コーヒーミルを1台

取り揃えてみませんか?

きっとコーヒーを淹れることが

​さらに楽しい時間に変わります。

カモメロースタリ東京のコーヒー豆パッケージのバルブの写真

鮮度を保つ

パッケージには鮮度を保つ

ワンウェイバルブを採用。

外気の侵入を防ぎながら

内部のコーヒーが発する炭酸ガスは

逃すことができます。

コーヒーの劣化の原因である

空気中の酸素を中に入れないため、

袋内を脱気状態にして

豆の劣化を防ぎます。

※一部商品につきましては

​他の方式を採用する場合がございます。

IMG_3018-2.jpg

パッケージ

販売チャネルによって

最適なパッケージングでお届けします。

送料のご負担が少なくなるよう

日々こだわりを持って

コストダウンに努めます。

大手ショッピングモールなど

複数のオンラインショップでの

展開を進めてまいります。

それぞれのショップ形態にあった

限定商品などもご提案​いたしますので

​お楽しみに。

コーヒー豆 販売店 カモメトレードマーク_edited.png

​コーヒーの味とは?

皆さんもご存知の通り、コーヒー豆にはさまざまな産地があります。

産地によってもちろん特徴がちがってきます。

酸味が強い豆、苦味やコクのある豆。

それらの生豆を焙煎してはじめてコーヒー豆となるわけですが、

焙煎の仕方によっても味や印象が変わります。

一般的に浅煎りは酸味が強く、

深煎りは苦味とコクが強くなります。

さらにハンドドリップやエスプレッソマシン、マキネッタなどなど

抽出方法によっても味が変わってきます。

つまり、コーヒーの味とは

各国の豆の特徴+焙煎度合+抽出方法=コーヒーの味

となります。

ですが、本来は自分が一番美味しいと思うものを

楽しんで見つけていただく事こそが

コーヒーの楽しみ方だと思います。

ハンドドリップのやり方一つとっても、決まりはありません。

有名なバリスタの真似をするのも一つですが、

自分はこうした方が美味しいと思うやり方を見つけてください。

知れば知るほどコーヒーは奥深いものですが、​好みによるところが大きいです。

自分の好み=各国の豆の特徴+焙煎度合+抽出方法

​コーヒーは趣向品です。

自分だけのコーヒースタイルを楽しんでください。

​そのお手伝いが少しでもできれば幸いです。

世界のコーヒー産地

世界の主要なコーヒー産地をご紹介します。

どこも良質なコーヒー豆の産地として有名です。

カモメロースタリ東京では、その中でもグレードの高い生豆を仕入れローストしています。

また、それぞれの産地の特徴を知っていただきたい為、

ブレンドコーヒーではなく、

産地別の「ストレートコーヒー」をご提案いたします。

MAPはコーヒー豆選びのご参考にしていただければ幸いです。

​​※時期、仕入れ状況により扱う豆は変動します。中には掘り出し物も。

THE WORLD MAP OF COFFEE_edited.jpg